フォローアップミルクとグローアップミルクの違い:成長段階に合わせた選択

粉ミルク 粉ミルク
記事内に広告が含まれています。
Mana

こんにちは。ごんまな子育て通信を運営しているManaです。
・2児のママ
・元保育士
子育て中のパパママが絶対に買わないといけないものを徹底比較中。子育て&保育の経験から赤ちゃんにとって、そして親にとってベストなものを紹介していきます!

 

こんにちは、mana(@Gonmana0814)です。

 

今回は赤ちゃんの成長に合わせて選ぶ「グローアップミルク」と「フォローアップミルク」について、分かりやすく解説します。

 

気になる方はクリックしてみて!

フォローアップミルクおすすめランキング

 

無添加のフォローアップミルクが気になる方は、こちらをお読みください。

 

赤ちゃんの成長段階と栄養の重要性

 

赤ちゃんの成長は目まぐるしく、食事から必要な栄養を摂ることは大切なテーマです。

一般的に、6ヶ月ごろからは赤ちゃんは固形食品を始めることができます。

このときに、母乳やミルクだけでは足りなくなることがあります。

そこで登場するのが「グローアップミルク」と「フォローアップミルク」です。

 

気になる方はクリックしてみて!

フォローアップミルクおすすめランキング

 

無添加のフォローアップミルクが気になる方は、こちらをお読みください。

 

 

 

 

フォローアップミルクとは?

 

一方、「フォローアップミルク」は、
6ヶ月から1歳までの幼児を対象とした栄養飲料です。

赤ちゃんが固形食品を摂り始める段階で、栄養バランスを保つために考えられました。

鉄分やビタミンが豊富で、成長期の赤ちゃんの健康な発育を支えます。

 

 

気になる方はクリックしてみて!

フォローアップミルクおすすめランキング

 

無添加のフォローアップミルクが気になる方は、こちらをお読みください。

 

 

 

グローアップミルクとは?

 

「グローアップミルク」は、1歳以上の幼児を対象とした栄養飲料です。

赤ちゃんが成長し、固形食品を摂るようになる段階で使われます。

グローアップミルクには、鉄分やビタミンなどの栄養素がバランスよく含まれており、
幼児の成長をサポートします。

 

厚生労働省がフォローアップミルクの導入を約9ヶ月頃と推奨していることは正確ですが、この点に関しては個々の赤ちゃんの発達や栄養摂取の状況によって異なるケースがあります。一般的には、赤ちゃんが6ヶ月を過ぎてから固形食品の導入が始まることが推奨されており、この時期からフォローアップミルクを検討するケースもあります。

赤ちゃんの成長は個々に異なるため、専門家のアドバイスを受けながら進めることが重要です。医療専門家や小児科医に相談することで、赤ちゃんの発達状況や栄養ニーズに合わせた最適なタイミングを見極めることができます。また、母乳や基本的な栄養食品を優先し、フォローアップミルクが必要になる際には、適切な選択肢を検討することが大切です。

厚生労働省の推奨は一つのガイドラインであり、それに従って進めることも一つの方法ですが、最終的な判断は赤ちゃんの個々のニーズや健康状態に合わせて行うことが重要です。自分の赤ちゃんに合ったスケジュールを専門家と相談しながら検討することをおすすめします。

 

 

無添加のフォローアップミルクが気になる方は、こちらをお読みください。

 

 

選び方のポイント

 

赤ちゃんの成長段階に合わせて、グローアップミルクとフォローアップミルクを選びましょう。

専門家のアドバイスを受けながら、赤ちゃんのニーズに合った栄養補給を心がけましょう。

大切なのは、赤ちゃんが健やかに成長するための最良の選択をすることです。

 

気になる方はクリックしてみて!

フォローアップミルクおすすめランキング

 

無添加のフォローアップミルクが気になる方は、こちらをお読みください。

 

 

 

まとめ

 

赤ちゃんの成長段階に合わせて、
グローアップミルクとフォローアップミルクを選ぶことが大切です。

栄養バランスを保ちながら、赤ちゃんの成長と健康をサポートしましょう。

医療専門家との相談を通じて、安心して進める方法を見つけていきましょう。

 

 

気になる方はクリックしてみて!

フォローアップミルクおすすめランキング

 

無添加のフォローアップミルクが気になる方は、こちらをお読みください。

 

 

コメント