安全を守るために知っておきたい!犯罪者に狙われやすい人の特徴を教えます。

犯罪者に狙われやすい人と狙われにくい人 育児体験談
記事内に広告が含まれています。
Mana

こんにちは。ごんまな子育て通信を運営しているManaです。
・2児のママ
・元保育士
子育て中のパパママが絶対に買わないといけないものを徹底比較中。子育て&保育の経験から赤ちゃんにとって、そして親にとってベストなものを紹介していきます!

 

・犯罪者に狙われやすい人の特徴が知りたい!
・犯罪者に狙われにくい人の特徴を知りたい!
・犯罪に巻き込まれないための対策を知りたい!

こんにちは、mana(@Gonmana0814)です!

4月は、1年間で最も犯罪件数が多い時期。

そんな時期にこそ事前に考えておきたい防犯対策。

3月12日(土)の「世界一受けたい授業」のテーマになった
犯罪者に狙われやすい人と狙われにくい人】を解説していきます!

 

狙われやすい人 狙われにくい人
  • 4階建て以上の建物に住んでいる人
  • 表札に家族全員のフルネームを出している人
  • 置き配をよく利用する人
  • 指定日以外にゴミ出しをする人
  • ドアスコープに手を加えていない人
  • 室外機に鉢植えなどを置いている人
  • ガーデニングに凝っている人

【世界一受けたい授業】で話題になった「百刷本(ひゃくずりぼん)」の記事はこちらです!

 

 

 

世界一受けたい授業で紹介された「犯罪者に狙われやすい人」を考察

「世界一受けたい授業」では、元警察官の先生が
犯罪者に狙われやすい人】を解説していましたので紹介します!

 

4階建て以上の建物に住んでいる人

4階以上の建物

3階以下の建物と、4階以上の建物では、後者の方が犯罪の確立が高いです。

理由として、

  • オートロックなどがある大きなマンションはわざわざ犯罪者は来ないであろうという安心感
  • 大きなマンションの方が住人が多く、隣人との関係も希薄になりがちなので、不審者に気づきにくい

が考えられます。

 

表札に家族全員のフルネームを出している人

表札

表札に家族全員のフルネームを書いていると、家族構成が分かってしまいます。

例えば、

  • 父親以外は全員女の人
  • 夫婦だけで子供がいない

などです。

犯罪者にとっては、家族構成が分かると好都合

名字だけの表札にすると防犯対策になる!

置き配をよく利用する人

置き配達

置き配をよく利用していると、留守にしている時間帯が分かってしまいます。

その時間を狙って空き巣に入られることもよくあるそう。

また、配達物を盗まれるという事件も問題になっています。

我が家も食材配達系のサブスクを利用してます。

食材配達系サブスクの記事はこちらです!

共働き世帯におすすめする食材配達系サブスク

週に1回、同じ時間に玄関に置き配になっているので、早急に対策すべきです。

宅配ボックス

 

宅配ボックスを設置すると防犯対策になる!

 

 

 

指定日以外にゴミ出しをする人

ゴミ捨て

指定日以外にゴミを出している人。

犯罪者には、
地域の人とのコミュニケーションが希薄である。」
と認識されるようです。

「この家に出入りしても、地域の人は不振に思わないだろう。」
ターゲットにされる確率が上がります。

ゴミ出しルール

地域のゴミ出しルールを守ると防犯対策になる!

 

ドアスコープに手を加えていない人

ドアスコープ

ドアスコープは、特殊な器具を使うとのぞくことができます。

上の写真のような状態では、家がのぞき見され放題

ドアスコープカバー

ドアスコープカバーをつけると防犯対策になる!

世界一受けたい授業で紹介された「犯罪者に狙われにくい人」を考察

「世界一受けたい授業」では、元警察官の先生が
犯罪者に狙われにくい人】を解説していましたので紹介します!

室外機に鉢植えなどを置いている人

室外機

エアコンの室外機は窓から侵入するときの足掛かりにされることが多いです。

しかし、鉢植えがあると踏み台にしにくいので狙われにくくなります。

犯罪者は、侵入に2~5秒かかるとあきらめてしまうそう。

  • 窓ガラスを強化ガラスにする
  • ドアの鍵を2重にする

など、工夫できそうです!

 

ガーデニングに凝っている人

ガーデニング

割れ窓理論。

聞いたことがある人も多いと思います。

割れ窓理論とは次のような説である。

治安が悪化するまでには次のような経過をたどる。

  1. 建物の窓が壊れているのを放置すると、それが「誰も当該地域に対し関心を払っていない」というサインとなり、犯罪を起こしやすい環境を作り出す。
  2. ゴミのポイ捨てなどの軽犯罪が起きるようになる。
  3. 住民のモラルが低下して、地域の振興、安全確保に協力しなくなる。それがさらに環境を悪化させる。
  4. 凶悪犯罪を含めた犯罪が多発するようになる。

したがって、治安を回復させるには、

  • 一見無害であったり、軽微な秩序違反行為でも取り締まる(ごみはきちんと分類して捨てるなど)。
  • 警察職員による徒歩パトロールや交通違反の取り締まりを強化する。
  • 地域社会は警察職員に協力し、秩序の維持に努力する。

などを行えばよい

Wikipediaより

アメリカの心理学者フィリップ・ジンバルドが導き出した割れ窓理論

割れ窓理論が、住宅にも当てはまります。

そのため、少しのゴミや落書きなどをこまめに消すことが、将来の犯罪を防ぐことにつながります。

ガーデニングなどを凝ってきれいにしておくことで、犯罪を減らす効果が期待できます。

まとめ

犯罪者に狙われやすい人と狙われにくい人をまとめます。

狙われやすい人 狙われにくい人
  • 4階建て以上の建物に住んでいる人
  • 表札に家族全員のフルネームを出している人
  • 置き配をよく利用する人
  • 指定日以外にゴミ出しをする人
  • ドアスコープに手を加えていない人
  • 室外機に鉢植えなどを置いている人
  • ガーデニングに凝っている人

結論としては、

・地域の人と上手くコミュニケーションをとること
・家の見た目(環境)を整えること
・「私の家は大丈夫」ということを疑うこと

 

あなたも、
私は絶対に犯罪に巻き込まれない
ということを少し疑ってみませんか?

身の回りを見渡して、できることから防犯対策を考えていきましょう!

もし子供がいる家庭は、
お子さんの登下校で犯罪に巻き込まれる可能性があります。

子供の登下校の防犯についての記事はこちらです!

【小学校入学前がおすすめ】登下校の交通安全と防犯対策は家庭教育で!

 

もし,今回の投稿が「いいね」と感じた方は,
下の「子育て情報ランキング」「子育てブログ」をクリックしてもらえると嬉しいです。

 

コメント