赤ちゃんとの夜を彩る:眠れない0歳児に向けた睡眠のエッセンスとは?

0歳 睡眠時間 寝かしつけ
記事内に広告が含まれています。
Mana

こんにちは。ごんまな子育て通信を運営しているManaです。
・2児のママ
・元保育士
子育て中のパパママが絶対に買わないといけないものを徹底比較中。子育て&保育の経験から赤ちゃんにとって、そして親にとってベストなものを紹介していきます!

 

こんにちは、mana(@Gonmana0814)です!

 

寝かしつけがぐっと楽に!30日無料でお試しできます!

絵本読み聞かせアプリ「みいみ」ダウンロード

「みいみ」ダウンロード【google play用】

 

この記事で分かること

  • 0歳児の理想的な睡眠時間の目安
  • 質の高い睡眠習慣を育てる実践的な方法

 

あなたは眠れぬ夜に泣き続ける0歳の赤ちゃんを抱えて悩んでいませんか?

眠りが深くないことで赤ちゃんがイライラし、
あなたも疲れ果ててしまうかもしれません。

しかし、ご安心ください!

このブログでは、睡眠の基本情報を詳しくご紹介します。

夜泣きが続き、寝付くのに時間がかかる赤ちゃんと一緒に、夜も眠れぬ日々のあなた。

 

この記事を最後まで読み終わるころには、
睡眠に関する基本情報を理解できます。

そして、適切な対策を取ることで、
赤ちゃんが安定した睡眠をとり、夜もぐっすりと休めるようになる日々に変わるでしょう。

 

 

このブログでは、赤ちゃんの睡眠に関する情報やヒントをご紹介します。

適切な寝具や寝かしつけ方法、睡眠時間の目安など、具体的なアドバイスをご提供します。

あなたと赤ちゃんの質の高い睡眠のために、ぜひ参考にしてみてください。

眠れない日々から解放され、穏やかな夜を過ごすことができるでしょう。

 

 

1歳児の理想的な睡眠時間については、こちらの記事をお読みください。

 

2歳児の理想的な睡眠時間については、こちらの記事をお読みください。

 

3歳児の理想的な睡眠時間については、こちらの記事をお読みください。

 

4歳児の理想的な睡眠時間については、こちらの記事をお読みください。

 

5歳児の理想的な睡眠時間については、こちらの記事をお読みください。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

 

  1. 0歳児の睡眠に関する基本情報
    1. 赤ちゃんはどのくらい眠るの?
    2. 新生児期の睡眠時間は?
    3. 1人ずつ違う睡眠のかたち
    4. 睡眠のリズムの変化
    5. 成長とともに変化
    6. 体内リズムを作るには
  2. 安眠のためのスペース作り
    1. 清潔に保てる場所を確保
    2. ベッドと布団、どちらがいい?
    3. スペース作りに必要なものは?
      1. ベビー布団(必要度 高 )
      2. シーツ、カバー(必要度 中 )
      3. おねしょシーツ(必要度 低 )
      4. ベビーベッド(必要度 高 )
      5. ベッド用マットレス(必要度 低 )
      6. 温湿度計(必要度 低 )
  3. 0歳児へおすすめ睡眠方法のヒントと体験談
    1. そろそろ首がすわりそう。たて抱きはOK?おんぶは?
    2. 月齢によって「理想の睡眠時間」は変わる
    3. 理想は「夜7時に寝て、朝7時に起きる」
    4. 夜泣きがひどくて眠れない!対処法とは?
      1. 赤ちゃんの身体的な要素をチェックする
      2. 快適な環境を整える
      3. 赤ちゃんを抱っこしてあやす
      4. ルーティンを作る
    5. 赤ちゃんの寝かしつけ方法とコツ
      1. 日常的なリズムを作る
      2. リラックスさせる雰囲気を作る
      3. スキンシップを大切にする
      4. 寝かしつけ前のルーティンを作る
    6. お昼寝のサインとタイミング
      1. お昼寝のサイン
      2. お昼寝のタイミング
    7. 赤ちゃんの寝具の選び方と注意点
      1. サイズとフィット感
      2. 素材と通気性
      3. 安全基準の適合
    8. うつ伏せ寝についての正しい知識と安全な方法
      1. 寝具の安全性
      2. 監視と確認
      3. 睡眠時以外は仰向け寝を
    9. 赤ちゃんの安眠に役立つママのおすすめグッズ
      1. ベビーモニター
      2. スワドルブランケット
      3. ホワイトノイズマシン
    10. 安眠環境の整え方と睡眠の質向上のポイント
      1. 温度と湿度の調節
      2. 静かな環境
      3. 快適な寝具と寝間着
    11. 母乳育児と赤ちゃんの睡眠について
      1. 頻回の授乳
      2. 夜間の授乳
    12. 安眠のためのママのリラックス方法
      1. 自分の睡眠を大切にする
      2. ママの時間を作る
      3. リラックス法を取り入れる
  4. Q&Aコーナー
    1. 赤ちゃんが夜泣きする理由は?
      1. 空腹
      2. 快適な姿勢の変化
      3. 快適な環境の変化
    2. いつから布団に移行すればいいの?
      1. 首がしっかりとすわるようになった時
      2. 寝返りができるようになった時
    3. 夜泣きを減らす方法はありますか?
      1. 適切な寝かしつけ
      2. 快適な環境作り
      3. 授乳やオムツ交換の確認
    4. 赤ちゃんが寝付きが悪いときの対策は?
      1. リラックスさせる方法
      2. 寝かしつけの習慣づけ
      3. 安心感を与える方法

0歳児の睡眠に関する基本情報

 

赤ちゃんはどのくらい眠るの?

赤ちゃんの睡眠時間は、個人によって異なりますが、
一般的には1日に14〜17時間程度眠ることが多いです。

ただし、赤ちゃんの成長に伴い、睡眠時間は減少していきます。

生後1ヶ月の赤ちゃんは、約15〜18時間の睡眠が必要ですが、
3ヶ月になると12〜15時間、
6ヶ月になると11〜14時間程度となります。

 

 

 

新生児期の睡眠時間は?

 

新生児期の赤ちゃんは、睡眠と覚醒のサイクルが短く、
おおよそ2〜4時間ごとに起きて授乳やおむつ替えが必要です。

睡眠の合間には、起きている時間も比較的短く、
主に食事や排泄、親との交流などに時間を費やします。

そのため、新生児は日中も比較的頻繁に睡眠をとることが一般的です。

 

 

 

 

1人ずつ違う睡眠のかたち

 

赤ちゃんの睡眠のかたちは個人によって異なります。

一部の赤ちゃんは、夜間によく寝るという「夜型タイプ」で、
夜間の睡眠時間が長く、昼間は比較的短い睡眠をとる傾向があります。

一方で、一部の赤ちゃんは「昼夜逆転タイプ」として知られており、
昼間によく寝て夜間は目が覚めてしまうことがあります。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

 

睡眠のリズムの変化

 

赤ちゃんの睡眠リズムは、成長とともに変化します。

生後数ヶ月までは、睡眠と覚醒の周期が比較的短く、頻繁に目が覚めることがあります。

しかし、6ヶ月を過ぎると、睡眠のサイクルが安定し、
夜間の連続睡眠時間が延びてくることが多いです。

この時期から、夜更かしの習慣がついてしまうこともあるため、
規則正しい睡眠環境の整備が重要となります。

 

 

 

 

成長とともに変化

 

赤ちゃんの成長に伴い、睡眠の量やパターンは変化します。

6ヶ月から1歳までの期間は、成長が著しく、活発に動き回るようになるため、
睡眠時間が短くなることがあります。

また、2歳を過ぎると、昼寝が減少し、夜間の睡眠時間が主となる傾向があります。

しかし、個人差が大きいため、
赤ちゃんの個々の成長に合わせて柔軟に対応することが大切です。

 

 

 

 

体内リズムを作るには

 

赤ちゃんの体内リズムを作るためには、規則正しい生活リズムを整えることが重要です。

朝起きたら明るい場所に出して太陽の光を浴びさせ、
夜は暗く静かな環境を作るよう心がけましょう。

また、就寝前にはリラックスできる風呂やマッサージなどの習慣を取り入れることも効果的です。

規則正しい生活習慣は、赤ちゃんの睡眠リズムの安定化に役立ちます。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

 

 

安眠のためのスペース作り

 

清潔に保てる場所を確保

 

赤ちゃんの安眠のためには、清潔で快適な寝室環境を整えることが重要です。

寝具や寝室の定期的なお手入れと清潔さを保つことで、
赤ちゃんの健康と安眠をサポートすることができます。

 

 

 

ベッドと布団、どちらがいい?

 

赤ちゃんの寝床には、ベビーベッドと布団のいずれかを選ぶことが一般的です。

ベビーベッドは安全性が高く、
赤ちゃんがうつ伏せになったり転落したりすることを防ぐ効果があります。

布団の場合は、赤ちゃんが自由に動き回れるため、
体の発育に良いとされています。

どちらを選ぶにしても、清潔さと安全性を確保することが重要です。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

 

 

スペース作りに必要なものは?

 

赤ちゃんの安眠のためには、スペース作りに適したアイテムを準備する必要があります。

ベビーモニターや防音カーテンなど、
赤ちゃんの安全と快適さを考慮したアイテムを選びましょう。

また、赤ちゃんの体温や湿度を調整するために、温湿度計を使用することもおすすめです。

 

 

ベビー布団(必要度 高 )

ベビー布団は、赤ちゃんが寝る際の快適さと安全性を考える上で重要です。

通気性の良い素材を選び、洗濯がしやすいものを選ぶと良いでしょう。

また、敷布団としても使用できるタイプを選ぶと、将来的な使い勝手も考慮できます。

 

 

シーツ、カバー(必要度 中 )

 

ベビー布団の上には、清潔なシーツとカバーを敷くことが大切です。

汚れた場合でも取り外しやすく洗濯がしやすい素材を選ぶと良いでしょう。

赤ちゃんの肌に直接触れる部分なので、肌触りの良い素材を選ぶことも忘れずに。

 

 

おねしょシーツ(必要度 低 )

 

赤ちゃんのおねしょはよくあることです。

おねしょシーツは、ベビーベッドや布団を汚れから守るために役立ちます。

おねしょシーツは防水性のあるものを選び、取り外しやすく洗濯がしやすいものがおすすめです。

 

 

ベビーベッド(必要度 高 )

 

ベビーベッドは、赤ちゃんの安全を確保するために重要なアイテムです。

ベビーベッドには、側面に柵がついていて、
赤ちゃんがベッドから転落することを防ぐことができます。

また、高さ調節ができるものや移動がしやすいものなど、機能性もチェックしましょう。

 

 

ベッド用マットレス(必要度 低 )

 

ベビーベッドには、適切なマットレスを使用することが重要です。

硬さや通気性に注意し、赤ちゃんが快適に寝ることができるマットレスを選びましょう。

また、清潔さを保つために、防水シートやカバーを使用することもおすすめです。

 

 

温湿度計(必要度 低 )

 

赤ちゃんの寝室の温度と湿度は、快適な睡眠に影響を与えます。

温湿度計を使用して、適切な温度と湿度を保つようにしましょう。

一般的には、寝室の温度は摂氏20〜22度、湿度は50〜60%程度が快適とされています。

 

 

 

 

0歳児へおすすめ睡眠方法のヒントと体験談

 

そろそろ首がすわりそう。たて抱きはOK?おんぶは?

 

赤ちゃんの首がすわってきたら、たて抱きやおんぶを試すこともできますが、
赤ちゃんの首の安定性や自立した姿勢を確認しながら行う必要があります。

首がしっかりとすわるまでは、横抱きや寝かせたままの対応が安全です。

 

 

月齢によって「理想の睡眠時間」は変わる

 

赤ちゃんの月齢によって、理想的な睡眠時間は変化します。

例えば、新生児期の赤ちゃんは、約15〜18時間の睡眠が必要ですが、
成長に伴い徐々に減少し、1歳頃には約12〜14時間程度になります。

月齢に合わせて、赤ちゃんの睡眠時間を調整しましょう。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

 

<月齢別・活動時間の目安>

  • 新生児(0〜1ヶ月):約45分〜1時間ごとに睡眠と覚醒を繰り返す。
  • 3ヶ月:約1時間半〜2時間ごとに睡眠と覚醒を繰り返す。
  • 6ヶ月:約2時間〜2時間半の昼寝と、夜間の連続睡眠が安定する。
  • 1歳:約2時間〜2時間半の昼寝と、夜間の連続睡眠が主となる。

 

 

 

理想は「夜7時に寝て、朝7時に起きる」

 

一般的には、赤ちゃんが夜7時に寝て、朝7時に起きることが理想とされています。

夜間の連続睡眠時間が長くなり、規則正しい生活リズムを作ることができるためです。

ただし、個人差があるため、
赤ちゃんの個々の睡眠パターンに合わせて柔軟に対応しましょう。

 

 

 

夜泣きがひどくて眠れない!対処法とは?

 

夜泣きは赤ちゃんの成長過程や身体的な不快感など、
さまざまな要因によって引き起こされるものです。

夜泣きがひどくて眠れない場合は、以下の対処法を試してみてください。

 

赤ちゃんの身体的な要素をチェックする

 

お腹が空いていないか、オムツが濡れていないかなどを確認しましょう。

 

 

快適な環境を整える

 

寝室の温度や湿度を調節し、静かで暗い環境を作りましょう。

 

 

赤ちゃんを抱っこしてあやす

 

赤ちゃんが安心するためには、抱っこや揺らすなどのスキンシップが効果的です。

 

 

ルーティンを作る

 

寝る前のリラックスタイムや固定の寝かしつけ方法を取り入れることで、
赤ちゃんの睡眠リズムを整えることができます。

 

 

 

赤ちゃんの寝かしつけ方法とコツ

 

赤ちゃんの寝かしつけは、親子の絆を深める大切な時間でもあります。

以下の寝かしつけ方法とコツを参考にしてみてください。

 

 

日常的なリズムを作る

 

起床時間や食事、お風呂の時間を規則正しく行い、赤ちゃんの体内リズムを整えましょう。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

 

リラックスさせる雰囲気を作る

 

寝室を静かで暗い環境にし、リラックスできる音楽や香りを取り入れると良いでしょう。

 

 

スキンシップを大切にする

 

抱っこやなでるなどの身体的な触れ合いを通じて、赤ちゃんの安心感を与えましょう。

 

 

寝かしつけ前のルーティンを作る

 

お話や歌を歌いながら、赤ちゃんを眠りに導くリラックスタイムを設けると良いです。

 

 

 

 

お昼寝のサインとタイミング

 

赤ちゃんのお昼寝は成長と休息のために重要です。

お昼寝のサインやタイミングを把握し、適切なタイミングでお昼寝をサポートしましょう。

 

お昼寝のサイン

  • 目が赤く充血してきたり、ゴロゴロと眠そうな声を出す。
  • 目をこすったり、耳を触ったりする。
  • 落ち着きがなくなり、イライラした様子を見せる。

お昼寝のタイミング

  • 通常は、食事後約1時間半〜2時間ごとにお昼寝の時間帯がやってきます。
  • 赤ちゃんの様子を観察し、お昼寝のサインが見られたら、
    できるだけ早めにお昼寝させましょう。

 

 

 

赤ちゃんの寝具の選び方と注意点

 

赤ちゃんの寝具は、安全と快適さを考慮した選び方が重要です。
以下のポイントに注意しながら寝具を選びましょう。

 

 

サイズとフィット感

 

寝具は赤ちゃんの体にぴったりとフィットするようなサイズを選びます。

大きすぎると窒息のリスクがありますので注意しましょう。

 

 

素材と通気性

 

寝具は肌触りがやさしい素材であることが望ましいです。

また、通気性のある素材を選ぶことで、赤ちゃんの快適な睡眠環境を作ることができます。

 

 

安全基準の適合

 

寝具は安全基準を満たしていることを確認しましょう。

安全性に配慮した製品を選ぶことで、赤ちゃんの安心・安全を守ることができます。

 

 

 

うつ伏せ寝についての正しい知識と安全な方法

 

赤ちゃんのうつ伏せ寝は、首の力が十分についた後に取り入れることが推奨されます。

うつ伏せ寝は、首の筋力を鍛えるために重要ですが、以下の点に注意しながら行いましょう。

 

 

寝具の安全性

 

赤ちゃんがうつ伏せ寝をしても窒息のリスクがないような寝具を使用しましょう。

フラットで柔らかすぎないマットレスや、
頭を持ち上げるための適切なサポートをする枕を選びます。

 

 

監視と確認

 

うつ伏せ寝をする際には、親が常に赤ちゃんを監視し、
正しい姿勢を保っていることを確認しましょう。

 

 

睡眠時以外は仰向け寝を

 

うつ伏せ寝は睡眠時に限定し、覚醒時や遊び時には仰向け寝を選びましょう。

これによって窒息や突然死のリスクを減らすことができます。

 

 

 

赤ちゃんの安眠に役立つママのおすすめグッズ

 

赤ちゃんの安眠をサポートするために、
ママたちからはさまざまなおすすめグッズがあります。以下はその一部です。

 

 

ベビーモニター

 

赤ちゃんの寝ている様子を確認できるベビーモニターは、
安心して赤ちゃんを寝かせることができる便利なアイテムです。

 

 

スワドルブランケット

 

赤ちゃんの身体を包み込んで安心感を与えるスワドルブランケットは、
寝つきやすさをサポートします。

 

 

ホワイトノイズマシン

 

赤ちゃんにとって心地よい音を提供するホワイトノイズマシンは、
外部の騒音を遮断して安眠を促します。

 

 

 

安眠環境の整え方と睡眠の質向上のポイント

 

赤ちゃんの安眠環境を整えることで、睡眠の質を向上させることができます。

以下は安眠環境を整えるポイントです。

 

 

温度と湿度の調節

 

寝室の温度を適切に保ち、湿度も適度なレベルに調整しましょう。

赤ちゃんが快適に眠れる環境を作るためには、適切な温度と湿度が重要です。

 

 

静かな環境

 

寝室の周囲の騒音を最小限に抑え、静かな環境を作りましょう。

赤ちゃんは外部の刺激に敏感であり、静かな環境で眠ることが大切です。

 

 

快適な寝具と寝間着

 

赤ちゃんにとって快適な寝具と寝間着を用意しましょう。

肌触りのよい素材や適切なサイズの寝具を選び、赤ちゃんの体温調節をサポートします。

 

 

 

 

母乳育児と赤ちゃんの睡眠について

 

母乳育児は赤ちゃんの成長と健康に重要な役割を果たしますが、睡眠との関連もあります。

以下に母乳育児と赤ちゃんの睡眠についてのポイントをまとめました。

 

 

頻回の授乳

 

母乳は消化が比較的容易であり、赤ちゃんのおなかの中で早く消化されます。

そのため、赤ちゃんは頻回に授乳を必要とすることがあります。

 

 

夜間の授乳

 

夜間の授乳も重要ですが、
赤ちゃんが夜間に起きることで睡眠サイクルが乱れる場合もあります。

そのため、夜間の授乳時には穏やかな雰囲気を作り、
授乳後は再び赤ちゃんを寝かせるように心がけましょう。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

 

 

安眠のためのママのリラックス方法

 

ママ自身がリラックスしていることも、
赤ちゃんの安眠に影響を与えます。

以下はママのリラックス方法の一部です。

 

 

自分の睡眠を大切にする

 

ママ自身も十分な睡眠をとることが重要です。

赤ちゃんの睡眠中に自分の睡眠を確保するためにも、
できるだけ早く休むことや、サポートを頼むことを考えましょう。

 

 

ママの時間を作る

 

育児に忙しいママでも、自分の時間を持つことが大切です。

リラックスできる時間を作り、自分の趣味や好きなことに時間を割くことで、
ストレスを軽減しましょう。

 

 

リラックス法を取り入れる

 

ママのリラックス法は人それぞれですが、入浴やマッサージ、ヨガ、音楽を聴くなど、
自分に合ったリラックス法を取り入れると良いです。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

 

 

 

Q&Aコーナー

 

赤ちゃんが夜泣きする理由は?

 

赤ちゃんが夜泣きする理由はさまざまです。

主な理由としては、以下のようなものがあります。

 

 

空腹

 

赤ちゃんの胃は小さく、頻繁な授乳が必要です。

夜間に空腹になると泣いてしまうことがあります。

 

 

快適な姿勢の変化

 

赤ちゃんは成長に伴って姿勢が変化し、
寝返りやうつ伏せ寝などができるようになります。

その変化に伴い、寝る姿勢が気になって泣くことがあります。

 

 

快適な環境の変化

 

夜間は静かで暗い環境になりますが、
赤ちゃんは明るい場所や騒々しい音に敏感です。

環境の変化があると泣いてしまうことがあります。

 

 

 

いつから布団に移行すればいいの?

 

赤ちゃんが布団に移行するタイミングは個人差がありますが、
一般的には以下の目安があります。

 

 

首がしっかりとすわるようになった時

 

首がしっかりとすわり、自力で頭を持ち上げられるようになったら、
布団に移行する準備ができています。

 

 

寝返りができるようになった時

 

寝返りを自由にできるようになると、ベッドや布団の上で寝返りをすることがあります。

そのため、寝返りができるようになったら布団に移行することができます。

 

 

 

夜泣きを減らす方法はありますか?

 

夜泣きを減らすためには、以下のような方法があります。

 

 

適切な寝かしつけ

 

赤ちゃんがリラックスできる環境を整え、寝かしつけの時間を作りましょう。

静かで暗い部屋で、ママやパパがゆっくりと寝かしつけることが大切です。

 

 

快適な環境作り

 

赤ちゃんが快適に眠るためには、適度な温度と湿度を保つことが重要です。

また、明るい光や騒音を遮断する工夫をするとよいでしょう。

 

 

授乳やオムツ交換の確認

赤ちゃんが夜間に起きる理由として、空腹やおむつの交換が必要な場合もあります。

授乳やオムツ交換のタイミングを確認し、適切なケアを行いましょう。

 

 

 

 

 

赤ちゃんが寝付きが悪いときの対策は?

 

赤ちゃんの寝付きが悪いときには、以下の対策を試してみるとよいでしょう。

 

リラックスさせる方法

 

赤ちゃんがリラックスできるように、お風呂やマッサージを行ってあげると良いです。

また、穏やかな音楽や白いノイズなど、赤ちゃんを落ち着かせる音を流すことも有効です。

 

 

寝かしつけの習慣づけ

 

一定の寝かしつけのルーティンを作ることで、赤ちゃんは眠りを認識しやすくなります。

例えば、絵本を読んだり、特定の歌を歌ったりするなど、
習慣的な行動を行うことが大切です。

 

 

安心感を与える方法

 

赤ちゃんは安心感を求めて泣くことがあります。

そんな時には、ママやパパの声を聞かせたり、
赤ちゃんが好きなおもちゃを一緒に寝かせたりすることで、安心感を与えることができます。

 

 

赤ちゃんの睡眠に関する基本情報や安眠のためのスペース作り、
おすすめのヒントと体験談、そしてよくある質問への回答となります。

これらの情報を参考にして、赤ちゃんの睡眠に関する理解を深めていただければ幸いです。

 

1歳児の理想的な睡眠時間については、こちらの記事をお読みください。

 

2歳児の理想的な睡眠時間については、こちらの記事をお読みください。

 

3歳児の理想的な睡眠時間については、こちらの記事をお読みください。

 

4歳児の理想的な睡眠時間については、こちらの記事をお読みください。

 

5歳児の理想的な睡眠時間については、こちらの記事をお読みください。

Mana

こんにちは。ごんまな子育て通信を運営しているManaです。
・2児のママ
・元保育士
子育て中のパパママが絶対に買わないといけないものを徹底比較中。子育て&保育の経験から赤ちゃんにとって、そして親にとってベストなものを紹介していきます!

寝かしつけ
シェアする
ごんまな子育て通信

コメント