甘い夢の舞台へ:1歳児の健やかな睡眠改善と親子のリズム整え

1歳 睡眠時間 寝かしつけ
記事内に広告が含まれています。
Mana

こんにちは。ごんまな子育て通信を運営しているManaです。
・2児のママ
・元保育士
子育て中のパパママが絶対に買わないといけないものを徹底比較中。子育て&保育の経験から赤ちゃんにとって、そして親にとってベストなものを紹介していきます!

 

こんにちは、mana(@Gonmana0814)です!

 

寝かしつけがぐっと楽に!30日無料でお試しできます!

絵本読み聞かせアプリ「みいみ」ダウンロード

「みいみ」ダウンロード【google play用】

 

この記事で分かること

  • 1歳児の理想的な睡眠時間の目安
  • 質の高い睡眠習慣を育てる実践的な方法

 

1歳児の睡眠時間は、成長と健康に欠かせない重要な要素です。

一日の中で十分な睡眠をとることは、子どもの発達にとって不可欠なのです。

しかし、1歳児の睡眠時間には個人差があり、
どの程度の睡眠が必要なのか不安に思うこともあるでしょう。

そこで、この記事では1歳児の睡眠時間の目安や注意点について詳しく解説します。

初めての育児で何が正しいのか迷っている方でも分かりやすく、
子どもの成長をサポートするための睡眠の重要性を理解していただける内容となっています。

ぜひ、ご一読ください。

 

0歳児の睡眠時間については、こちらをお読みください。

 

2歳児の睡眠時間については、こちらをお読みください。

 

3歳児の睡眠時間については、こちらをお読みください。

 

 

4歳児の理想的な睡眠時間については、こちらの記事をお読みください。

 

5歳児の理想的な睡眠時間については、こちらの記事をお読みください。

 

 

 

  1. 寝かしつけに役立つ、光目覚まし時計の紹介
  2. 睡眠時間と子どもの成長
    1. 子どもの睡眠時間が足りているか不安⋯
    2. 今は親子でよいペースを作る時期
    3. 新しい環境の刺激で、夜泣きが出ることも
    4. 保育園と連携して子どもの生活の様子を把握する
  3. 睡眠時間の目安と個人差
    1. 1歳ごろに必要な睡眠時間は11~14時間
    2. 1~2歳で9時間以下が続くと影響が出ることも。個人差はある
    3. 睡眠日誌をつけてみる
    4. 親が疲れてしまうと子どもにも伝わる。無理をしないことも大事
  4. 生活リズムと睡眠
    1. 遅寝で生活リズムが遅いほうにずれているけど大丈夫?
    2. 遅寝・寝不足の子は、午前中に元気に遊べない、おとなしい・不機嫌という印象に
    3. 就学に向けて、早めに朝型へのスイッチを
  5. 昼寝と夜の睡眠のバランス
    1. 夕食は簡単にしてもいい。寝ることを優先する
    2. 子どもの睡眠環境を整えることは、家族全員の睡眠環境を整えること
    3. 生活リズムの改善には時間がかかる
    4. 生活リズムを整えるポイント
  6. 昼寝に関するアドバイス
    1. 昼寝と夜の睡眠のバランスはどのぐらいがいい?
    2. 夜にまとめて寝ることができないうちは昼寝で補う
    3. 様子を見ながら「昼寝をしない」など試してもよい
    4. 午後3時以降は昼寝をさせない
    5. いろんなことにアンテナを張っている子は、寝るのに時間がかかる
  7. 眠りの質を高めるための工夫
    1. 睡眠の質を向上させるための食事や飲み物の選び方
    2. レギュラーな運動や体を動かす遊びの取り入れ
    3. スクリーンタイムの制限と睡眠の関係
    4. 安心感を与える寝る前のルーティンの設定
    5. 快適な寝室の環境づくりと睡眠の関係
  8. 睡眠トラブルへの対処法
    1. 夜泣きや寝ぐずりの対処法
    2. 夢遊病や寝言の原因と対策
    3. 寝つきが悪い時のリラックス方法
    4. 悪夢や夜驚症の対処法
    5. 早朝覚醒の原因と対策
  9. 親子で良い睡眠環境を作るために
    1. 親の睡眠不足が子どもに与える影響
    2. パートナーと協力を大切にする
    3. 睡眠に関する情報や相談先の活用
    4. 睡眠トラブル時のストレス管理
    5. 睡眠の大切さを理解し、家族で取り組む
  10. 子どもの睡眠に関するQ&A
    1. 子どもが夜中に起きてしまう場合の対処法
    2. 就学前におねしょが続く場合の対策
    3. 長時間の昼寝や寝過ぎについて
    4. 赤ちゃんの睡眠リズムの変化について
    5. 子どもの睡眠障害についての基本知識

寝かしつけに役立つ、光目覚まし時計の紹介

 

寝かしつけに苦労するパパママさんは、この世の中にたくさんいることでしょう。

 

私たちも我が子の寝かしつけに毎日悩みました。

苦労する寝かしつけに役立つのが、光目覚まし時計。

我が家もたくさんお世話になりました。

 

光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

 

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

 

 

睡眠時間と子どもの成長

 

子どもの睡眠時間が足りているか不安⋯

 

子育て中の親として、子どもの成長や健康について気にかけることは多いですよね。

特に、睡眠時間が十分かどうかについて心配することもあるかもしれません。

子どもの睡眠は成長や発育に密接な関係がありますので、
十分な睡眠を確保することは重要です。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

今は親子でよいペースを作る時期

 

赤ちゃんや幼児の場合、睡眠時間は個人差があります。

1歳ごろの子どもは、1日に11~14時間の睡眠が必要とされています。

しかし、一度に長時間寝ることもありますし、
夜中に何度か起きることも珍しくありません。

これは、子どもがまだ自分で睡眠リズムを調整する能力を持っていないためです。

ですから、現時点では親子で柔軟なペースを作ることが大切です。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

新しい環境の刺激で、夜泣きが出ることも

 

特に、新しい環境や生活スタイルの変化があると、子どもは夜泣きをすることがあります。

例えば、保育園や幼稚園に通い始めたり、引っ越しをしたりすると、
子どもの環境が一変します。

そのため、夜泣きが増えることもありますが、
これは子どもが新しい刺激に慣れる過程で起こる現象です。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

 

保育園と連携して子どもの生活の様子を把握する

 

子どもが保育園に通っている場合は、保育士との連携も重要です。

保育士は子どもたちの生活リズムや睡眠の様子を日々把握していますので、
保護者と協力して情報を共有しましょう。

保育園での生活が子どもにとって安心できる環境であるかどうかも重要です。

もし何か問題がある場合は、保育士や園の先生に相談してみると良いでしょう。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

 

睡眠時間の目安と個人差

 

1歳ごろに必要な睡眠時間は11~14時間

 

子どもの睡眠時間について、年齢によって必要な時間が異なります。

1歳ごろの子どもにとっては、1日に11~14時間の睡眠が必要とされています。

この範囲内であれば、個人差はあまり気にする必要はありません。

ただし、一度に長時間寝る子もいれば、何度か起きてしまう子もいますので、
それぞれの子どもの睡眠リズムに合わせて柔軟に対応することが大切です。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

 

1~2歳で9時間以下が続くと影響が出ることも。個人差はある

 

一般的には、1歳から2歳の間になると、
夜間の睡眠時間が減少し、昼間の昼寝時間が減ってきます。

しかし、この時期に9時間以下の睡眠が続くと、
子どもの成長や健康に影響を及ぼすことがあります。

ただし、個人差があるため、必ずしも全ての子どもに当てはまるわけではありません。

子どもの個別の睡眠状況を把握するために、睡眠日誌をつけてみると良いでしょう。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

 

睡眠日誌をつけてみる

 

睡眠日誌をつけることで、
子どもの睡眠リズムや状態を客観的に把握することができます。

起床時間や就寝時間、昼寝の時間や長さ、
夜中の起きる回数や時間などを記録しましょう。

また、食事や遊びの時間なども関連していることがありますので、
それらも記録しておくと良いです。

睡眠日誌をつけることで、睡眠の問題点や改善点が見えてくるかもしれません。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

 

親が疲れてしまうと子どもにも伝わる。無理をしないことも大事

 

子育ては大変なこともありますが、
親が疲れてしまうと子どもにも影響を与えることがあります。

親がストレスを感じたり、疲れがたまっていると、
子どももそれを察知してしまうことがあります。

ですから、無理をせず、自分自身の体調管理も大切にしましょう。

子どもの睡眠時間やリズムを改善するためには、
親自身がリラックスできる時間や休息も確保することが必要です。

 

寝かしつけに役立つ光目覚まし時計について詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

赤ちゃんの寝かしつけにおすすめ!光目覚まし時計の効果と使い方へ進む。

 

 

 

生活リズムと睡眠

 

 

遅寝で生活リズムが遅いほうにずれているけど大丈夫?

 

子どもが遅く寝てしまい、生活リズムが遅い方向にずれている場合、
成長や発育に影響が出ることがあります。

人間の体は自然のリズムに合わせて機能する「サーカディアンリズム」という内部時計があります。

このリズムが大きく乱れると、睡眠の質や健康に悪影響を及ぼすことがあります。

 

 

 

遅寝・寝不足の子は、午前中に元気に遊べない、おとなしい・不機嫌という印象に

 

遅く寝てしまう子どもは、朝起きる時間が遅くなり、
その結果、午前中に十分な活動や遊びができないことがあります。

また、睡眠不足が続くと、子どもの体力や注意力が低下し、
おとなしい様子や不機嫌な印象を与えることもあります。

学校や幼稚園に通う準備をする上でも、
朝型の生活リズムへのスイッチを早めに行うことが重要です。

 

 

 

就学に向けて、早めに朝型へのスイッチを

 

子どもが就学するにあたっては、朝型の生活リズムへの切り替えが必要です。

朝早く起きて登校しなければならないため、早寝早起きの習慣を身につけることが求められます。

この切り替えをスムーズに行うためには、
子どもの睡眠スケジュールを徐々に調整し、就寝時間を早めることが有効です。

例えば、就寝時間を徐々に15分ずつ早めていくなどの工夫があります。

 

 

 

 

昼寝と夜の睡眠のバランス

 

 

夕食は簡単にしてもいい。寝ることを優先する

 

昼寝と夜の睡眠のバランスをとるためには、夕食の時間と内容にも注意が必要です。

夕食を遅く摂ると、胃が消化をしている間に眠る時間が迫ってしまいます。

その結果、胃腸の働きが活発になり、眠りを妨げることがあります。

夕食は簡単にして、寝ることを優先しましょう。

軽い食事や消化の良い食材を選ぶことも大切です。

 

 

 

子どもの睡眠環境を整えることは、家族全員の睡眠環境を整えること

 

子どもの睡眠環境は、質の高い睡眠を促すために重要です。

しかし、子どもが寝ている間に家族全体が騒がしくしていたり、
明るい照明が点灯していたりすると、子どもの睡眠に悪影響を与えることがあります。

そのため、家族全員で睡眠環境を整えることが大切です。

静かな環境を作り、暗めの照明を使用し、
必要に応じて耳栓やアイマスクを利用することで、子どもの睡眠を快適に過ごすことができます。

 

 

 

 

生活リズムの改善には時間がかかる

 

生活リズムの改善は一朝一夕には行えません。

子どもの睡眠リズムを整えるためには、時間と忍耐が必要です。

短期的な成果を求めず、ゆっくりと取り組むことが大切です。

徐々に生活習慣を変えていくことで、子どもの体内時計も調整され、
自然と望ましい生活リズムが身につくでしょう。

 

 

生活リズムを整えるポイント

 

生活リズムを整えるためには、以下のポイントに注意しましょう。

  1. 定期的な起床と就寝時間を設定する。
  2. 食事や遊びの時間も一定にする。
  3. 昼寝の時間と長さを調整する。
  4. 外出や活動を適度に取り入れる。
  5. 夜の入眠前にリラックスタイムを設ける。

 

 

 

昼寝に関するアドバイス

 

 

昼寝と夜の睡眠のバランスはどのぐらいがいい?

 

昼寝と夜の睡眠のバランスは個人差がありますが、
一般的には昼寝をする場合でも長時間の昼寝は避けるべきです。

昼寝によって夜の眠りが妨げられることがありますので、
短い時間の昼寝を心掛けましょう。

ただし、子どもがまだ夜にまとまって寝ることができない場合は、
昼寝をして眠り不足を補うことも重要です。

 

 

 

夜にまとめて寝ることができないうちは昼寝で補う

 

子どもが夜にまとまって寝ることができない場合は、
昼寝を利用して睡眠不足を補うことができます。

昼寝をすることで子どもの体力や気力を回復させ、
活動や遊びを十分に楽しむことができます。

ただし、夜にまとまって寝ることができるようになったら、昼寝の時間を減らすようにしましょう。

 

 

 

様子を見ながら「昼寝をしない」など試してもよい

 

子どもの昼寝に関しては個人差がありますので、
様子を見ながら柔軟に対応することが大切です。

特に昼寝をしても夜の眠りに影響がなく、元気に過ごせる場合は、
昼寝をしないという選択肢も考慮してみてください。

ただし、昼寝をしない場合は、子どもが十分に休息を取れる環境を整える必要があります。

 

 

 

午後3時以降は昼寝をさせない

 

昼寝をさせる場合は、午後3時以降は控えるようにしましょう。

午後3時以降の昼寝は、夜の眠りを妨げることがあります。

子どもが夜にスムーズに眠りにつけるようにするためには、
午後3時以降の昼寝を避けることが望ましいです。

 

 

 

いろんなことにアンテナを張っている子は、寝るのに時間がかかる

 

子どもが寝るのに時間がかかる場合、
その要因の一つに「いろんなことにアンテナを張っている」ことが挙げられます。

子どもは興味や好奇心が旺盛で、周囲の刺激に敏感です。

そのため、寝る前に興奮してしまったり、
考え事をしたりすることがあります。

こうした場合は、寝る前にリラックスする時間を設け、
子どもの興味を引くような活動や刺激を控えることが大切です。

 

 

 

総じて、生活リズムと睡眠には個人差がありますが、
一定のパターンやルールを作り、
子どもの成長や健康に配慮した睡眠環境を整えることが大切です。

規則正しい生活リズムと十分な睡眠は、
子どもの健やかな成長を促すために欠かせない要素となります。

 

 

 

 

眠りの質を高めるための工夫

 

睡眠の質を向上させるためには、以下のような工夫をすることが助けになります。

 

 

睡眠の質を向上させるための食事や飲み物の選び方

 

食事や飲み物には、眠りに良い影響を与える栄養素や成分があります。

たんぱく質やトリプトファンを含む食材(鶏肉や魚、豆類など)や、
マグネシウムやカルシウムを含む食品(ヨーグルトやナッツ、緑黄色野菜など)を摂取することで、
より良い睡眠を得ることができます。

 

 

レギュラーな運動や体を動かす遊びの取り入れ

 

適度な運動や体を動かす遊びは、睡眠の質を向上させる効果があります。

子どもが日中に活発に遊び、運動をすることで体力を消耗し、
より深い眠りを得ることができます。

ただし、就寝直前の激しい運動は逆効果となる場合があるため、
適切な時間帯に行うようにしましょう。

 

 

 

スクリーンタイムの制限と睡眠の関係

 

スクリーン(スマートフォンやテレビなど)から発せられるブルーライトは、
睡眠ホルモンの分泌を妨げ、眠りの質を低下させることが知られています。

特に就寝前のスクリーン利用は控えるようにし、
入眠前には静かでリラックスした時間を作りましょう。

 

 

 

 

安心感を与える寝る前のルーティンの設定

 

寝る前のルーティンを作ることで、子どもに安心感を与え、
リラックスさせる効果があります。

例えば、お風呂に入った後に絵本を読んだり、
お話をする時間を設けたりすると良いでしょう。

一貫したルーティンを守ることで、子どもの体内時計を整えることができます。

 

 

 

 

快適な寝室の環境づくりと睡眠の関係

 

子どもの寝室環境は、快適さや安眠に大きな影響を与えます。

寝具や枕の選び方に注意し、温度や湿度、明るさ、静寂などを調整することで、
良質な睡眠環境を整えることができます。

 

 

 

以上の工夫を取り入れることで、子どもの睡眠の質を向上させることができます。

ただし、個人差や状況によって効果が異なる場合もありますので、
子どもの反応や様子をよく観察しながら、最適な睡眠環境を見つけることが大切です。

 

 

 

 

睡眠トラブルへの対処法

 

子どもが睡眠トラブルに直面した場合、
以下の対処法を試してみることで問題の解決に役立つことがあります。

 

 

夜泣きや寝ぐずりの対処法

 

夜泣きや寝ぐずりは、子どもが安心や安眠を求めて起こることがあります。

まずは子どもの要求に応え、抱っこや撫でるなどの愛情を注いであげましょう。

また、落ち着かせるためにリラックスできる環境を整え、
穏やかな音楽や揺れる動きを取り入れることも有効です。

 

 

 

夢遊病や寝言の原因と対策

 

夢遊病や寝言は、子どもの脳が眠りの中で活発に働く結果として現れることがあります。

安全を確保するために、寝室の障害物を取り除いたり、
ベッド周りを安全にするように注意しましょう。

また、子どもの心理的な安心感を与えるために、
就寝前にストレスを軽減する活動やリラックス法を取り入れることも効果的です。

 

 

 

寝つきが悪い時のリラックス方法

 

寝つきが悪い場合には、リラックスできる環境を整えることが重要です。

静かで暗い寝室を作り、リラックスできる音楽や音を流したり、
軽いマッサージやストレッチを取り入れたりすることで、子どもの緊張をほぐすことができます。

 

 

 

 

悪夢や夜驚症の対処法

 

悪夢や夜驚症は、子どもの心の不安やストレスが原因となることがあります。

子どもとコミュニケーションを取り、
話を聞いてあげることで心の安定を促すことができます。

また、寝室の環境を安心感のあるものに整え、
寝る前にリラックスする活動や寝る前のルーティンを取り入れることも有効です。

 

 

 

 

早朝覚醒の原因と対策

 

早朝覚醒は、子どもの睡眠サイクルや生活リズムの乱れによって引き起こされることがあります。

子どもの就寝時間や起床時間を一定に保つことや、
夜間の刺激や興奮を抑えるために静かな活動を促すことが重要です。

また、寝室の明るさや音のコントロールにも気を配りましょう。

 

 

 

いずれの場合も、子どもの個性や状況に応じて対処法を選ぶことが重要です。

もし睡眠トラブルが長期化したり、
子どもの生活や成長に深刻な影響を及ぼしているようであれば、
専門家に相談することをおすすめします。

 

 

 

 

親子で良い睡眠環境を作るために

 

子どもの良質な睡眠を促進するためには、
親も良い睡眠環境を整えることが重要です。

親の睡眠不足は子どもにも影響を与えるため、
以下のポイントに留意して良い睡眠環境を作りましょう。

 

 

親の睡眠不足が子どもに与える影響

 

親の睡眠不足はイライラやストレスの増加につながり、
子どもとの関係や育児にも影響を及ぼします。

親自身が十分な睡眠を取ることで、子どもにも安定した環境を提供できます。

 

 

 

パートナーと協力を大切にする

 

子育てはパートナーと協力が重要です。

睡眠時間を共有し、お互いの休息をサポートし合いましょう。

パートナーと連携して子どもの寝かしつけや夜泣きの対応を分担することで、
両親の睡眠不足を軽減できます。

 

 

 

睡眠に関する情報や相談先の活用

 

睡眠に関する情報を収集し、必要な知識を身につけることも重要です。

専門家のアドバイスや育児相談機関を活用することで、
睡眠に関する問題に対処するサポートを受けることができます。

 

 

 

 

睡眠トラブル時のストレス管理

 

子どもの睡眠トラブルは親のストレスを引き起こすことがあります。

ストレス発散のためにリラックス法や趣味に時間を割くこと、
適度な運動を取り入れることなど、自身のストレス管理を行いましょう。

 

 

 

 

睡眠の大切さを理解し、家族で取り組む

 

睡眠は健康な成長と発達に不可欠な要素です。

家族全体で睡眠の大切さを理解し、
睡眠環境の整備やルーティンの確立に取り組みましょう。

家族全員が良質な睡眠を確保することで、健やかな生活が送れます。

 

 

 

 

睡眠は子どもの成長と健康に大きく関わる重要な要素です。

十分な睡眠時間を確保し、良質な睡眠環境を整えることで、
子どもは健やかに成長し、親もより充実した育児を行うことができます。

睡眠に関する問題がある場合は、専門家の助言や支援を受けながら、
適切な対策を講じることが大切です。

親子で協力し、良い睡眠習慣を身につけることで、幸せな家族生活を築いていきましょう。

 

 

 

 

 

子どもの睡眠に関するQ&A

 

子どもの睡眠に関する疑問や悩みは尽きません。

ここでは、よくある疑問に対する回答をご紹介します。

 

 

子どもが夜中に起きてしまう場合の対処法

 

夜中に目を覚ます場合は、まずは冷静に対処しましょう。

子どもが安心して寝られる環境を整え、リラックスさせることが大切です。

寝かしつけの際には、落ち着かせるリラックスタイムを設けることや、
寝る前のルーティンを定期的に行うことが効果的です。

 

 

 

就学前におねしょが続く場合の対策

 

おねしょは多くの子どもが経験するものです。

まずは子どもに負担をかけず、ゆっくりと成長に合わせて対策を進めましょう。

布団の下に防水シーツを敷いたり、就寝前にトイレに行く習慣をつけることが効果的です。

また、おねしょが続く場合には、専門家に相談してアドバイスを受けることもおすすめです。

 

 

 

長時間の昼寝や寝過ぎについて

 

子どもの昼寝時間は成長や発達に重要ですが、
長時間の昼寝や寝過ぎは夜の睡眠に悪影響を与えることがあります。

適切な昼寝時間の目安や、昼寝後の起きている時間を調整することが大切です。

また、昼寝の時間帯や環境にも注意しましょう。

 

 

 

赤ちゃんの睡眠リズムの変化について

 

赤ちゃんの睡眠リズムは成長に伴い変化します。

生後数か月は短いサイクルで起きることが多いですが、
徐々に夜間の睡眠時間が長くなります。

赤ちゃんの個別の特徴や成長段階に合わせて、柔軟に対応することが重要です。

 

 

 

 

子どもの睡眠障害についての基本知識

 

睡眠障害は子どもにも見られることがあります。

夜泣きや寝ぐずり、悪夢などが一時的に起こる場合もありますが、
続く場合は専門家に相談することが重要です。

適切な診断や治療を受けることで、子どもの睡眠障害を改善することができます。

 

 

 

まとめると、子どもの睡眠に関する疑問や悩みには様々な対策やアドバイスがあります。

しかし、一つの方法が全ての子どもに適しているわけではありません。

親は子どもの個別の特徴や成長に合わせて対策を立てることが重要です。

また、睡眠に関する問題が続く場合は、
専門家のサポートを受けることもおすすめです。

 

良質な睡眠環境を整え、子どもの成長と健康をサポートしましょう。

 

0歳児の睡眠時間については、こちらをお読みください。

 

2歳児の睡眠時間については、こちらをお読みください。

 

 

3歳児の睡眠時間については、こちらをお読みください。

 

 

4歳児の理想的な睡眠時間については、こちらの記事をお読みください。

 

5歳児の理想的な睡眠時間については、こちらの記事をお読みください。

 

Mana

こんにちは。ごんまな子育て通信を運営しているManaです。
・2児のママ
・元保育士
子育て中のパパママが絶対に買わないといけないものを徹底比較中。子育て&保育の経験から赤ちゃんにとって、そして親にとってベストなものを紹介していきます!

寝かしつけ
シェアする
ごんまな子育て通信

コメント