【無添加】ベラミーズとバブズ オーガニックの粉ミルク:どう違う?

粉ミルク 粉ミルク
記事内に広告が含まれています。
Mana

こんにちは。ごんまな子育て通信を運営しているManaです。
・2児のママ
・元保育士
子育て中のパパママが絶対に買わないといけないものを徹底比較中。子育て&保育の経験から赤ちゃんにとって、そして親にとってベストなものを紹介していきます!

 

 

乳製品の選択肢が増える中、
ベラミーズとバブズ オーガニックという二つの粉ミルクメーカーが注目を集めています。

それは、どちらも日本にはない無添加の粉ミルクだから。

今回の記事では、
「ベラミーズ粉ミルク」と「バブズオーガニック粉ミルク」の違いをお伝えします。

 

 

 

 

【無添加】ベラミーズとバブズ オーガニックの粉ミルクの違いは飼育方法

 

どちらも乳牛の粉ミルクを提供するブランドですが、

彼らが採用する乳牛の飼育方法には大きな違いがあります。

一方では「穀物飼育」、もう一方では「グラスフェッド(牧草飼育)」というアプローチが採用されています。

これにより、製品の特性や栄養成分に違いが生じる可能性があります。

この記事では、ベラミーズとバブズ オーガニックの乳牛の飼育方法の違いを探り、
それぞれのアプローチが提供するメリットやデメリットについて詳しく見ていきます。

 

ベラミーズ・バブズ両方取り揃えています!
今なら無料登録で300ポイントもらえる!ぜひ、クリックしてみて!

 

 

 【無添加】ベラミーズの乳牛とバブズ オーガニックの乳牛:何が違うの?

 

ベラミーズとバブズ オーガニックは、乳牛の粉ミルクを提供するメーカーです。

ただし、それぞれのメーカーが採用する乳牛の飼育方法には違いがあります。

ここでは、その違いについて詳しく見てみましょう。

 

ベラミーズ・バブズ両方取り揃えています!
今なら無料登録で300ポイントもらえる!ぜひ、クリックしてみて!

 

 

ベラミーズの特徴とメリット

 

ベラミーズは乳牛の飼育方法として「穀物飼育」を採用していることがあります。

穀物飼育は、乳牛に穀物を主な餌として与える方法です。

これにより、乳牛は比較的短期間で成長し、生産する乳の量を増やすことができます。

ベラミーズの製品は、急速な成長によって比較的短い期間で乳が生産される可能性があります。

その結果、安定した乳の供給が可能となり、需要に素早く対応できる利点があります。

 

 

 

 

ベラミーズ・バブズ両方取り揃えています!
今なら無料登録で300ポイントもらえる!ぜひ、クリックしてみて!

 

 

バブズ オーガニックの特徴とメリット

 

バブズ オーガニックは「グラスフェッド(牧草飼育)」の方法を選んで乳牛の飼育を行っていることがあります。

グラスフェッドの方法では、乳牛に主に草や牧草を与えて育てます。

この自然な食事により、乳の品質が向上し、健康的な栄養素のバランスが整います。

また、環境にもやさしい持続可能な農業システムとして評価されています。

 

 

 

 

ベラミーズ・バブズ両方取り揃えています!
今なら無料登録で300ポイントもらえる!ぜひ、クリックしてみて!

 

 

 

【無添加】ベラミーズとバブズ オーガニックの粉ミルク、 どちらを選ぶ?

 

両方の飼育方法にはメリットとデメリットが存在します。

穀物飼育では乳の生産が早くできる一方、乳の品質や健康に関する懸念もあります。

一方、グラスフェッドでは乳の品質が向上する一方で、
生産には時間がかかるという課題があります。

 

最終的な選択は個人のニーズや価値観によるものです。

公式ウェブサイトや製造元の情報を参考に、
自分に合った乳製品を選ぶ際の判断材料にしてください。

 

ベラミーズ・バブズ両方取り揃えています!
今なら無料登録で300ポイントもらえる!ぜひ、クリックしてみて!

 

Mana

こんにちは。ごんまな子育て通信を運営しているManaです。
・2児のママ
・元保育士
子育て中のパパママが絶対に買わないといけないものを徹底比較中。子育て&保育の経験から赤ちゃんにとって、そして親にとってベストなものを紹介していきます!

粉ミルク
シェアする
ごんまな子育て通信

コメント