【2024年2月】青森県で自転車ヘルメット購入の補助金があるか調べてみた

ヘルメット 電動自転車
記事内に広告が含まれています。
Mana

こんにちは。ごんまな子育て通信を運営しているManaです。
・2児のママ
・元保育士
子育て中のパパママが絶対に買わないといけないものを徹底比較中。子育て&保育の経験から赤ちゃんにとって、そして親にとってベストなものを紹介していきます!

 

こんにちは、mana(@Gonmana0814)です!

青森県にお住まいの皆さん、自転車に乗る際の安全対策は万全ですか?

地域の安全を守るため、青森県では自転車ヘルメットの着用を推奨しています。

しかし、ただ推奨するだけではないのが青森県の特徴。

自治体が実施する自転車ヘルメットの補助金制度を利用すれば、
安全な自転車ライフを送るための一歩を踏み出すことができます。

この記事では、青森県がなぜ自転車ヘルメットの着用努力義務を設けているのか、
また、補助金制度を上手く活用する方法について詳しく解説します。

青森県内で快適かつ安全に自転車を楽しみたい全ての人へ、必見の内容となっています。

安全対策をしっかり行いながら、より良い自転車ライフを目指しましょう。

さあ、安全と快適さを両立させた自転車ライフのために、
どのような支援があるのか、見ていきましょう。

 

今、OKGのキャンパススポーツというヘルメットが流行っています。

ヘルメットというと、「ダサい」というイメージが少なからずありますよね。

しかし、キャンパススポーツは、そんな悪いイメージを払拭してくれます。

Amazonで、1ヶ月に200個以上売れた、キャンパススポーツというヘルメット。

1度、チェックしてみてくださいね。

通勤用・街乗り用・通学用・幼児用それぞれでおすすめしているよ!

【おすすめ28選】自転車ヘルメット

気になる方はクリックして、お気に入りのヘルメットを探そう!

 

 

 青森県内の自治体が推進する自転車安全対策【ヘルメット補助金】

 

青森県内には複数の自治体が、
自転車用ヘルメットの購入をサポートする補助金制度を導入しています。

これにより、地域の自転車利用者が安全な状態で移動できるよう支援しています。

自転車は便利な乗り物ですが、交通ルールを守るだけでなく、安全な装備を整えることも大切です。

 

今、OKGのキャンパススポーツというヘルメットが流行っています。

ヘルメットというと、「ダサい」というイメージが少なからずありますよね。

しかし、キャンパススポーツは、そんな悪いイメージを払拭してくれます。

Amazonで、1ヶ月に200個以上売れた、キャンパススポーツというヘルメット。

1度、チェックしてみてくださいね。

 

中泊町

 

対象者

中泊町在住の小学4年生から高校3年生までの保護者で以下の条件を満たす方

(1)町税等の滞納がない者

(2)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に該当しない者

※令和6年度以降は小学校4年生のみを対象とする予定。

補助対象となるヘルメット

特になし

補助額

児童生徒1人につき上限5,000円(1個に限ります)
※購入金額が5,000円未満の場合は、購入金額となります。

 

平川市

 

対象者

下記の要件を満たすヘルメット使用者(生徒)およびその保護者

  •  市内の中学校に通う者および市内に住所を有し、市外の中学校に通う者
  • 過去にこの補助金の交付を受けていないこと
  • 暴力団若しくは暴力団員との密接な関係を有する者でないこと

補助対象となるヘルメット

  • 令和5年1月1日以降に購入されたもの
  • 安全基準の認証を受けている「新品」のもの

補助額

補助対象経費(ヘルメット本体の購入費)の1/2(100円未満切捨て、上限3,000円)

 

 

 

【青森県も同じ】国の決まりで自転車用ヘルメットの着用努力が義務づけ

 

国の交通安全政策の一環として、自転車用ヘルメットの着用努力が義務づけられています。

これは、自転車利用者の安全確保と事故防止を目的としています。

自転車は風を感じる爽快な乗り物ですが、その安全のためにもヘルメットの着用は欠かせません。

 

通勤用・街乗り用・通学用・幼児用それぞれでおすすめしているよ!

【おすすめ28選】自転車ヘルメット

気になる方はクリックして、お気に入りのヘルメットを探そう!

 

 

まとめ:青森県内で安全な自転車利用のためにヘルメットをかぶろう!

 

青森県内での自転車安全対策は、
自転車用ヘルメットの補助金制度や国の決まりによる着用努力義務など、
安全な移動環境を整えるための一環です。

自転車は健康的で環境にやさしい移動手段ですが、事故や怪我のリスクもあることを忘れずに、
安全装備を整えて楽しい自転車ライフを送りましょう。

 

安全運転、安全走行の心がけとともに、自転車用ヘルメットの着用を通じて、
自分自身と周囲の人々を守ることが大切です。

地域の支援制度を活用しながら、安全な自転車ライフを楽しんでください。

 

通勤用・街乗り用・通学用・幼児用それぞれでおすすめしているよ!

【おすすめ28選】自転車ヘルメット

気になる方はクリックして、お気に入りのヘルメットを探そう!
Mana

こんにちは。ごんまな子育て通信を運営しているManaです。
・2児のママ
・元保育士
子育て中のパパママが絶対に買わないといけないものを徹底比較中。子育て&保育の経験から赤ちゃんにとって、そして親にとってベストなものを紹介していきます!

電動自転車
シェアする
ごんまな子育て通信

コメント